観光

【福州観光】三坊七巷で絶対行くべき飲食店3選!画像で詳しく解説

中国はとても広く、観光地もたくさんあります。

ここでは、少しニッチな「福州」につてご紹介していきます。

福州には「三坊七巷(サンファンチーシャン)」という有名な街があり、美味しい店がたくさん並んでいます。

たくさんのお店があるとどれに行くべきか、迷ってしまいますよね。

では、『三坊七巷で絶対行くべき飲食店3選』について、画像つきで解説します。

スポンサーリンク

福州・三坊七巷はどこ?

福州三坊七巷

三坊七巷はどこにあるのか?

まずは福州がどこにあるのかを見ていきましょう。

地図でいうと、福州市は中国大陸の南の方にあって、台湾に近いところです。

福州市にはガジュマルの木がたくさん埋められていて、

榕城とも称される歴史の古い町で、国家歴史文化名城に指定されています。

そんな福州市の代表的な観光名所の1つが三坊七巷です。

2006年から歴史文化地区としての保護修復プロジェクトが始まり、古い建物や道路の修復が行われました。

福州三坊七巷

三坊七巷は名の通り、

西に向かう3つの「坊」(門がついた閉じられた通り)と、東に向かう7筋の「巷」(門がない開いた路地や横町)からなります。

イルカのジョー

三坊は北から順に衣綿坊、光禄坊、文儒坊。

七巷は楊僑巷、郎官巷、黄巷、安民巷、宮巷、塔巷、吉庇巷。

中国福建省福州市の中心部にある南後街両脇に南北に順に並ぶ10巷をいう。

中国の10大「中国歴史文化名街」の一つに当たります。

明・清時代の比較的保存状態のいい古建築計が159カ所もあるのです。

この決して広くない区域内に、非常に多くの中国近現代史上の名士が住んでいました。

日本人に馴染みのある名前は少ないのですが、

林則徐、沈葆、厳復、林旭、林覚民、冰心、林徽因、廬隠、鄭孝胥、陳宝シン、藍建枢、郁達夫などなど、100名以上にのぼるとされています。

アクセスですが、

地下鉄駅からも近く、空港からのバスも出ているので良好です。 

スポンサーリンク

【福州観光】三坊七巷で絶対行くべき飲食店3選!

福州市の3大伝統料理は以下の3つです。

  • ワンタン(肉燕
  • 鮮魚肉だんご(魚丸)
  • 福州ひもかわうどん(鍋辺糊)

では、三坊七巷でこれらの料理を食べられるお店を紹介していきますね。

ワンタン(肉燕

福州三坊七巷

ワンタン皮と言えば、小麦粉を錬てつくるものだと思いますよね。

しかし、福州のワンタン(肉燕は違います。

豚肉を叩いて延ばして極薄にして、サツマイモ粉と混ぜて作った皮です。

つまり、ワンタンの皮も肉でできています。

なので、皮を噛んだときに”ゴリっ”と噛みごたえがあります。

肉餡は臭みがなく、とてもジューシーなんです。

そしてスープはあっさり塩味です。

ちなみに中国の人はよくスープにお酢を入れて食べることが多いです。

では、三坊七巷の有名なワンタン料理店はどこでしょうか。

おすすめは、「同利肉燕店舗」です。

福州三坊七巷

このお店は1876年創業の政府公認の「老字号」を掲げる老舗です。

余談ですが、

実は隣に、同じワンタン(肉燕)を売る「依海肉燕」というお店があります。

どちらが老舗なのかで裁判になったみたいなのですが、裁判では同利が勝訴し、でかでかと「中華老字号」の看板を掲げています。

ワンタンだけだと10元(日本円で約160円)で食べれるので、おすすめですよ。

スポンサーリンク

鮮魚肉だんご(魚丸)

福州三坊七巷

鮮魚肉だんごは「魚丸」と呼ばれ、いわゆる日本のつみれみたいなものです。

福州で魚団子を嫌う人はほぼいないといえるでしょう。

日本のつみれと異なるところは、魚団子には厚い白い皮がついています。

実はその白い皮は、魚の肉で作られています。

魚によって、皮の味は全く変わりますが、

最も有名なのは鰻とサメの肉で作られたものです。

魚団子の中身は一般的には豚肉が包まれていて、ジューシーで美味しいです。

汁はあっさり塩味、ワンタン(肉燕)に負けないくらい美味しいですよ。

では、三坊七巷の有名な魚団子料理店はどこでしょうか。

おすすめは、「永和魚丸」です。

福州三坊七巷

こちらも政府公認の「老字号」を掲げる老舗です。

店内では、シェフが魚団子を作る様子も見られますが、外で売られているものより少し大きく、5個入で10元くらいで食べられます。

スポンサーリンク

福州ひもかわうどん(鍋辺糊)

福州三坊七巷

さいごに、福州の伝統うどん料理をご紹介します。

「鍋辺糊」と呼ばれる軽食は、福州において400年以上の歴史を持つ料理です。

柔らかい生地だけではなく、美味でかつ安価なため、とても人気があります。

日本のひもかわうどんに似ていますね。

では、三坊七巷の有名なワンタン料理店はどこでしょうか。

おすすめは、「鼎辺糊」という店です。

福州三坊七巷

福州ひもかわうどんも1つ10元で食べられるので、安いですね。

三坊七巷でワンタン、魚団子、ひもかわうどんの3つを全部食べたとしても日本円だと500円もしないので、おすすめです。

スポンサーリンク

まとめ

福州の三坊七巷について調査しました。

たくさんの飲食店が並ぶ風情のある街ですが、伝統的な料理をおいしく食べられるのは紹介した3つのお店ですね。

いつか福州に観光する機会があれば、ぜひ寄ってみてください。

スポンサーリンク