男性俳優

ワン・ルンツォー(王潤澤)のプロフィール&代表作!歴代彼女は誰?

日本では、まだ、爆発的大人気!という存在ではないものの、

180cmの高身長でナイーブなルックスが魅力のワン・ルンツォーさん。

彼はどんな俳優さんなのでしょうか?

プロフィールや代表作、歴代彼女についてみていきましょう。

スポンサーリンク



ワン・ルンツォー(王潤澤)のプロフィール!フー・ゴーに似てる?

ワン・ルンツォー彼女

ワン・ルンツォー(王潤澤)さんは、安徽省の淮南市出身。

1993年11月28日生まれの28歳。

  • 名前:ワン・ルンツォー(王潤澤)
  • 国籍:中国
  • 民族:漢族
  • 出生地:安徽省淮南市
  • 誕生日:1993年11月28日
  • 星座:射手座
  • 身長:180cm
  • 学歴:安慶師範大学

俳優のフ―・ゴー(胡歌)さんに似ているということで、

ファンからは「寒門胡歌(フー・ゴー似の、貧しい家庭の勉強家)」とよばれていました。

ワン・ルンツォー彼女

右の画像が、フー・ゴーさん。

たしかに、フー・ゴーさんに似ていますね!

そして「寒門」と称された理由とは…。

 

まだ8ヶ月の赤ちゃんのころ、両親は離婚。

父親の失業から貧困に陥り、耐えられなくなった母親が、

家を出て行ってしまったのだそう。

 

出稼ぎで不在の父親に代わり、ワン・ルンツォーさんは、

祖母の手によって育てられることに…。

 

日々の生活は苦しかったものの、

父親と祖母から愛情をたっぷりと注がれて育った、ワン・ルンツォーさん。

高校を終えて、大学入試の日を迎えたのですが、残念ながら、結果は不合格

 

父親は、4万元を借りて「六安市毛坦場学校」に彼を再入学させますが、

アジア一の大学入試予備校」として有名なこの学校は、

なんと200kmも離れた場所に!

 

そのため、当時79歳だった祖母も、

ワン・ルンツォーさんの世話をするため、

一緒について行くことになったといいます。

ワン・ルンツォー彼女

そして、2014年。

貧乏ではあるけれど、ポジティブで楽観的な生活スタンスで

奮闘する「」とその「祖母」の姿が、テレビに映し出されます。

 

ドキュメンタリー番組の《我的紀録片之陪讀》が放映されると、

視聴者の視線が釘づけになりました。

ワン・ルンツォー彼女

 

当時のワン・ルンツォーさんは、内気で口数も少なめ。

黒縁の眼鏡をかけていた彼の登場シーンは、

多くの人にとって印象的だったはず。

ワン・ルンツォー彼女

一方、自分のルックスについて

ダニエル・ウー(呉彦祖)や、クー・チェンドン(柯震東にも、

似てるといわれるんだ」と、ワン・ルンツォーさん自身も、語っていたそう。

 

ダニエル・ウーさんはこちら。

ワン・ルンツォー彼女

 

クー・チェンドンさんはこちら。

ワン・ルンツォー彼女

いずれにしろ、「イケメン男子」であったことは間違いありません!

スポンサーリンク



ワン・ルンツォー(王潤澤)の代表作は?

ワン・ルンツォー彼女

もともと演技をすることが好きで、芸術大学へ進学したかったワン・ルンツォーさん。

結局は、家計の経済的負担のことを考え、地元の安慶師範大学に進学。

就職に有利な財務管理を学んでいました。

 

そんなワン・ルンツォーさんの、エンタメ業界への足がかりは、

2016年、演技クラスの聴講生として参加した

学園リアリティー番組《一年級·畢業季》への出演!

ワン・ルンツォー彼女

 

そして、ちょうど同時期に

上海時装周(上海ファッションウィークランウェィウォークにも登壇、

さらに、番組内での卒業舞台劇《仙剣奇侠伝》では

薬売りの青年役」を演じるチャンスにも恵まれます。

 

卒業舞台劇《仙剣奇侠伝》

ワン・ルンツォー彼女

「薬売りの青年役」

ワン・ルンツォー彼女

 

翌2017年には、

張語格(チャン・ユーゴー)さん、チャオ・チュハン(喬楚航)さんらとともに、

学園ファンタジーウェブドラマ《貼身校花之君臨天夏》」に主演!

 

これ以降、ワン・ルンツォーさんは、

正式に「俳優」として、演劇界に身を投じることになります。

ワン・ルンツォー彼女

その後は、

  • 2018年「花より男子」の中国版ドラマ《流星花園》
  • 2019年にタイ映画をドラマ化した《初戀那件小事(初恋という名の小さな宝物)》
  • 2020年には、青春ドラマの《我憑本事單身》
  • 2020年の時代劇ドラマ《傾世錦鱗穀雨來(龍の花嫁 ~愛の嵐は永遠に~)》

に、相次いで出演。

 

近の2021年では、這丫環我用不起(Maid Escort)》 で

金持ち商人の御曹司役として、主演しています。

 

ワン・ルンツォー彼女

いろんなジャンルの作品に出演しているワン・ルンツォーさん。

作品ごとにイメージが異なってみえるのも、

彼の魅力のひとつなのかもしれません。

スポンサーリンク



ワン・ルンツォー(王潤澤)歴代彼女は誰?

ワン・ルンツォー彼女

2017年の正式デビューから5年、ワン・ルンツォーさんには、

これまで交際していた彼女はいたのでしょうか?

 

周知のとおり、ワン・ルンツォーさんの家庭状況は、

必ずしもよいとはいえませんでした。

 

経済的には貧困を極めていた、と公言している彼には、

一刻も早く役者としてのキャリアを築いていくことが、

何よりも重要だったはず。

 

愛する祖母の暮らしを少しでも楽にするためにも、

必死でお金を稼ぐことこそ、大きな目標だったのでしょう…。

恋愛に時間を費やすのなら、少しでも演技に磨きをかけたい…。

そんな気持ちだったのかもしれません。

 

そのワン・ルンツォーさんにも、かつて

「彼女ではないか?」と噂になった女性がいます!

 

その名は「陳思源」さん。

但し、この女性は「架空の女性」

パパラッチをはじめ、交際事実を裏付けるものは、

まったくみつからず、実際はただのネット上での「憶測」だったと判明!

 

とはいえ、

彼女でも、交際していたわけでもなく、あくまでも「共演相手」というだけであれば、

  • ソン・イーレン(宋伊人)さん
  • フー・ファー(何花)さん
  • ジェイド・チェン(鄭湫泓)さん

など、たくさんの女優さんの名前が挙がります。

 

ソン・イーレンさん

ワン・ルンツォー彼女

 

フー・ファーさん

ワン・ルンツォー彼女

 

ジェイド・チェンさん

ワン・ルンツォー彼女

こんなにきれいな女優さんたちを相手に、

ドラマや映画の中で「ラブストーリー」を演じても、

それは、本当に「演じていた」だけで、現実とはならなかったワン・ルンツォーさん。

 

正式なエンタメ界でのキャリアスタート前にまで溯っても、

過去の、彼自身の「ラブストーリー」は、いまだ明らかになっていません

現在でも「スキャンダル」とよべるものとは一切無縁の、

ワン・ルンツォーさんは、本当に好感が持てる俳優さんといえますね!

スポンサーリンク



まとめ

主演だけでなく、助演男優としての演技や、バラエティー番組でも、魅力を発揮しているワン・ルンツォーさん。

日本でも、彼の出演作が多く放映され、もっと人気が高まってほしいものです。